MENU

借金解決のメリットとデメリット

借金解決は、今あなたが抱えている借金を減額もしくはゼロにしてくれる救済方法です。
しかし、それにはそれ相応のリスクもあるということを知っておいてください。

 

ここでは、借金解決のメリット・デメリットについて説明します。
それぞれ借金解決の方法によって違いますのでよくご覧ください。

 

借金解決のメリット

任意整理

・和解した後の返済は元本のみ
裁判所を通さないので、簡単にできる
・グレーゾーン金利が適応されている場合は、利息が減るので返済額が減る

民事再生

マイホームを手元に残すことができる
・借りている借金を減額することができる
・資格制限がない

特定調停

自分で申し立てを行うので弁護士費用等がかからなくてすむ
・利息制限法を引き直しすことができる

自己破産

借金をゼロにすることができる
・借金の金額に関係なく誰でも利用できる

 

クレジットカードや消費者金融で多重債務の方は、とにかく一度相談することをオススメします。
過払い請求の対象になっている場合、全ての借金がなくなる可能性もあります。
また、その場合は該当の消費者金融での借入れのみが不可になる程度で、銀行や信販会社のクレジットカードを作ることはできる場合もあります。

 

借金解決のデメリット

任意整理

・5〜7年くらいは銀行や信販会社でクレジットカードを作ることができない

民事再生

・5〜7年くらいは銀行や信販会社でクレジットカードを作ることができない

特定調停

・調停後、元本の減額はできない
・調停を行った後、さらに支払いを延滞すると給与など差し押さえられる可能性がある
・5〜7年くらいは銀行や信販会社でクレジットカードを作ることができない

自己破産

・資格制限がある
全財産を処分される
・5〜7年くらいは銀行や信販会社でクレジットカードを作ることができない

 

多くの場合、任意整理・特定調停のパターンが多いかと思います。
特にクレジットカードや消費者金融での多重債務パターンの借金解決は、任意整理という手段がとられるのが一般的です。
共通していいえるデメリットとしては、借金解決の手続きを行うと、5年以上はクレジットカードなどを持つことはできないということです。
その代わり、今抱えている借金のほとんどが減額されるので返済が楽になることは確かです。

 

また、多くの場合はこのような手続きを行った後は元本のみの支払いになります。
利息は払わなくてよくなることが多いので、毎月の返済額も楽になると思います。

 

メリットとデメリットを比較してみて、いかがですか?

 

カードを作れなくなる、というデメリットと今抱えている借金が楽になるというメリットを考えて、容易にメリットの方が大きいと感じることができる人は、とにかく無料相談に行ってみるのが一番かと思います。